となりの手越と話題の弁護士は誰?名前や経歴は?宮崎駿と激似!

2020年6月23日に行われた元NEWS・手越祐也さんの会見で今日の話題は持ちきり!

 

その中でも特に話題となったのは手越祐也さんのとなりに座っていた弁護士さん!

宮崎駿監督に似ていることから「となりの手越」や「宮崎監督がハウルを連れて来た」と話題となっています。

 

ですが、この方は日産のカルロス・ゴーン被告の弁護も手がけた敏腕弁護士!

 

今回はそんな弁護士さんの名前や経歴などについてまとめていきます!

となりの手越と話題の弁護士は誰?

 

昨日から今日にかけて話題で持ちきりで、注目度の高さがわかります。

 

こちらが話題の会見写真です!

 

 

手越祐也さんも金髪だから、余計にハウル感が強い・・・!

実写化!?とも話題になっています笑

 

あれ?宮崎駿監督ってどんな顔だったっけ?って思いますよね!

並べて見た写真がありました!

 

 

・・・似ています!

本人って言われても気付かないくらい似ています。

 

ネット配信時のコメント欄にもツイッターにも「宮崎駿」と話題となっていました。

 

そんな手越祐也さんのとなりにいた弁護士の方の経歴について調べてみました!

 

となりの手越と話題の弁護士の名前は?

 

手越祐也さんの隣に座っていた弁護士は高野隆(たかの たかし)という名前です。

手越祐也さんがジャニーズ事務所と退所するにあたり、弁護士同士で話し合い、決まったことから、今回の会見では同席していました。

 

 

高野隆さんは早稲田大学法学部を卒業後、アメリカテキサス州にあるサザンメソジスト大学ロースクールを卒業しています。

 

 

 

となりの手越と話題の弁護士の経歴は?

 

大学を卒業後、刑事弁護人として数々の無罪判決を獲得し、三大刑事弁護人と言われるほど、有名です。

 

経歴をまとめると

1979年 早稲田大学法学部卒業

1982年 弁護士登録

1987年 サザン・メソジスト大学ロースクール卒業

2004年 第二東京弁護士会に登録替え

2004年〜2009年 早稲田大学大学院法務研究科教授

2006年〜2014年日弁連裁判員本部・法廷技術に関するプロジェクトチーム座長

2014年〜2015年 日弁連刑事弁護センター・法廷技術小委員会委員長

 

もともと弁護士として有名でしたが、カルロス・ゴーン被告を保釈させた弁護士として、最近は一般の方の中でも知名度が高くなっていました。

 

そんなすごい方と手越祐也さんはどこで知り合ったのか・・・。

人脈スゴイ・・・。

そして、そんなすごい弁護士が必要になるくらいの退所ということは・・・。と考えてしまいます。

 

まとめ

 

今回は宮崎駿監督に似ているため、「となりの手越」と話題となっている弁護士の方についてまとめていきました!

・敏腕弁護士として有名な高野隆(たかの たかし)さん
・三大刑事弁護士と呼ばれるほど有名でカルロス・ゴーン被告の事件も担当した

 

今後の手越祐也さんの活動にどのように関わっていくのか注目です!

 

 

したっけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA