TOEIC公開テストは実施される?進学や就活に必要な場合はどうする?

コロナの影響で様々なイベントが中止になっていますね・・・。

卒業式が中止になったり、小・中学生の春休みが3月いっぱいになったりと今まで考えられなかったことがたくさん起こっていますよね。

 

さて、今回は進学や就職に必須なことも多い TOEICの公開テストが2020年3月8日実施予定だったのが、中止となってしまいました。
そこで、次はいつ実施されるのかなどについてまとめていきたいと思います!

TOEICの次回実施はいつ?

 

申し込みが終了となってしまっていますが、今の所、実施とされると言われているのは

2020年4月12日(日)

となっています。

 

今から、4月7日まで申し込みが可能なTOEICの試験は

2020年5月24日(日)

となっています。

 

たま

でも、3月8日実施予定だったTOEICの中止のアナウンスされたのは2月26日・・・。
まだ、4月12日のTOEICも中止になる可能性はあるね・・・。

ぽち

 

救済措置はあるの?

 

いくつかの対策があるのか調べてみると・・・

 

3月8日に受験予定だった方

残念ながら、返金は行われず、5月以降の試験に振替になるようです。
なので、最短だと5月24日の試験になります。

 

また、 『申込証明書』というものが発行されるため、受験予定だったということの証明にはなるようです!
大学や就職先でもコロナという想定外ということもあるため、考慮してもらえる可能性は十分にありそうですよね!

 

4月12日や5月24日の試験が実施されなかった場合

 

コロナウイルスのピークは4月や5月とも言われています・・・。
そのため、今後の試験も中止されてしまう可能性は十分にあると考えられます・・・。

 

公式が受けられない場合は、

 

・所属する大学や会社でIPテスト(団体テスト)を実施していないかを確認する
・英会話教室などで実施されているIPテスト(団体テスト)を受験する

 

IPテストは10人以上の受験者を集めると開催することの出来る試験で、難易度は公式テストと変わりません。
しかし、公式テストではないため、公式認定証が発行されません・・・。

 

受験の際はIPテストでも記載することが出来るかをあらかじめ確認しておくことが大切です!
ですが、IPテストは英会話教室によっては3日後の試験を受験可能なところもあるので、ギリギリに受験することが出来るのも嬉しいですね!

 

まとめ

 

今回はコロナの影響で中止になってしまったTOEICについてまとめました。
受験や就職にどうしても必要な人も多いTOEIC。
1人でも多くの人が受験出来ると嬉しいです!

したっけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA