田名網敬一の結婚と家族について!代表作は?個展もチェック!

田名網敬一(たなあみ けいいち)さんの作品を見たことはありますか?

鮮やかな色合いにクモやドクロなどのモチーフが登場する世界感は見る人を惹きつけるパワーを持っている作品ばかりです。
初めて作品を見た時はピカソよりも奇抜で、東南アジアの派手なお寺のような印象を抱きました・・・。

 

そして、今現在も創作活動に励む82歳のとってもパワフルな田名網敬一さん( ´∀`)

今回はそんな 田名網敬一さんの結婚や家族、代表作や個展についてまとめていきたいと思います♪

田名網敬一さんの結婚や家族について

 

 

田名網敬一さんの雰囲気は物静かそうなおじいちゃん。
そんな雰囲気で強い信念を持ち、そして、とても色鮮やかな作品を生み出すなんてびっくりです。
そして、とても82歳には見えなくとても元気な方です。

 

さて、田名網敬一さんの結婚について調べてみたのですが、全く情報がありませんでした。

過去のインタビューの記事をみると、 就職をしてから友達の紹介で知り合った方とご結婚されたようです。

が、奥さんの年や結婚された年、子供のことなどは全く書いていなかったため、わかりませんでした・・・。

 

お孫さんやもしかしたら、ひ孫さんがいてもおかしくない年齢ですので、いらっしゃるかもしれません。

 

美術関係の仕事は売れるまで大変なイメージがあったのですが、田名網さんは学生時代から仕事をたくさんされていたようです。
そして、当時の会社員の初任給が1万7500円だった時代に雑誌のデザインで何十万もの収入があって、お金に困ったことはなかったようです。

本当に努力と才能があった方だなと感じました。
初任給の10倍以上もの給料がもらえるなんて・・・。今だと月200万ですかね・・・?
すごいです・・・。

 

田名網さんは3人兄弟の長男で、5歳と6歳離れた弟がいました。戦争が始まったのが5歳の頃で食べ物に苦労した記憶が残っているそうです。
ですが、叔父さんが外務省にいたこともあり、キャンディなどをお菓子を食べることができたり、赤痢を注射で治してもらったりと、普通の家庭と比べると恵まれた環境にいたことがわかります。

お祖父様が日本橋の高島屋の裏の服地問屋をつくった方でお祖母様もしっかりしていて繁盛していたようですが、お父様が働かずに遊び暮らしてそのお店を潰してしまいます。

戦争後に両親が離婚し、お母様が苦労して兄弟3人を育てたようです。

 

この時代に離婚される方は少ないイメージがあったのと、まだまだ女性の社会進出が少なかった時代。
お母様の弟が金物問屋をやっていたということで他の人よりは働きやすい環境だったのかと思いましたが、本当にすごいなと尊敬します。

 

田名網敬一さんの代表作は?

 

田名網さんの代表作を調べてみたのですが、はっきりとこの作品!というような代表作はありませんでした・・・。

 

 

今年の3月にアディダスとコラボしたロゴのデザインは他の作品と同じような 不思議なモチーフに色鮮やかな色使いで田名網敬一さんらしい作品ではないでしょうか?

ブランドのロゴに田名網さんの絵が組み合わさるのは不思議な感じです。

 

こちらの商品は全国のアディダスショップや公式オンラインストアで取り扱われています。

 

 

田名網敬一さんの個展は?

 

2019年3月まではアディダスとのコラボの個展が開催されていたようですが、現在は個展情報がありませんでした。

 

2019年4月28日放送の情熱大陸ではスイスで開催する個展に向けて作品を製作されているようでしたので、日本での個展はもう少し先になってしまうのかもしれません。

 

また、田名網敬一さんの作品を見ることが出来る美術館も探したのですが、見つけられませんでした・・・。残念・・・。

 

 

まとめ

 

初めて田名網さんの作品を見たときは若い方が書いているのかなと思うくらい独特な色使いにモチーフで、田名網さんを見たときはびっくりしました笑

 

80年以上の自身の経験を絵にするというパワフルな絵は引き込まれること間違いなし!
1度は生で見てみたい!と思いました。

 

したっけ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA