新しい一万円札の渋沢栄一さんの功績は?会社をチェック!

20年ぶりに紙幣が変わるというニュースがありましたね!
偽造防止のために20年くらいの周期で新しいデザインに変えているそうです。

前回は1万円札は福沢諭吉さんのまま変わりませんでしたが、 今回は渋沢栄一さんにデザインが変更になるようです。


私は今まで『渋沢栄一』さんを聞いたことがありませんでした。
が、ノーベル平和賞の候補に選ばれたり、有名企業の設立に関わったり、教育界にも影響を与えたりとすごい方です!
今回は、 渋沢栄一さんの功績についてまとめていきたいと思います!


渋沢栄一さんの功績は?

 

「資本主義の父」と呼ばれている渋沢栄一さん。

日本史上を代表する経済人として、何度も紙幣の肖像の候補者として挙げられていたようですが、ヒゲがないという理由で選ばれてなかったようです!

なんと偽造防止で肖像にヒゲがある人物が選ばれていたようです!

 

フランスでヨーロッパの社会を学ぶ

 

なんと、江戸幕府の第15代将軍の徳川慶喜の幕臣だった渋沢栄一さん。

パリでの万国博覧会に将軍の名代として出席する徳川慶喜の異母弟・徳川昭武の随員としてフランスへと渡航。
パリ万博の視察はもちろん、ヨーロッパ各国を訪問し、各地の近代的な産業や制度を見て感銘を受けました。

 

大政奉還にともない日本の静岡に帰国した渋沢栄一さんは、フランスで学んだ株式会社の制度を実践し、静岡で『商法会所』を設立した。
商法会所は銀行と商社を兼ねたようなもので、日本で初めての株式会社と言われています。

 

この後、大隈重信に説得され大蔵省に入省することとなる。

 

渋沢栄一さんが関わった企業は?

 

大蔵省では国立銀行条例制度に関わったりと、新政府に尽力を尽くしましたが、予算をめぐり、大久保利通や大隈重信と対立し、退官します。

 

その後、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)の頭取に就任する。
実業家となった渋沢栄一さんは七十七国立銀行など多くの地方銀行の設立を指導したほか、東京海上火災保険、王子製紙、キリンビール、サッポロビールなど、なんと500以上もの多種多様の企業の設立に関わりました。

 

そのため、渋沢を慕う経営者や管理者が集まる龍門社が組織され、昭和初期には数千人もの会員がいたようです。

日本の経済に与えた影響が本当に大きいことがわかりますね。
このことから渋沢栄一さんは「日本資本主義の父」とも呼ばれています。

 

社会・教育活動にも尽力を注ぐ

 

なんと実業界だけではなく教育にも影響を与えています。

 

現在の一橋大学や東京経済大学、同志社大学などの設立や経営にも関わりました。
そして、まだ男尊女卑の影響が根強く残っていた日本に女子の教育の必要性を考え、日本女子大学校(現在の日本女子大学)の設立にも携わった。

 

 

まとめ

 

今回は新一万円札の肖像となる渋沢栄一さんの経歴についてまとめました。
様々な経歴を残した渋沢栄一さんにびっくりしました。

まさに一万円札の顔としてふさわしい人物だなと納得しました。

 

 

ゆしんさんの整形にかかった費用はいくら?どこを手術?

斎藤工と濃厚なキスをした紅しょうがの熊元ってだれ?ネタをチェック!

コロコロチキチキペッパーズ発案の信頼ゲームのやり方は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA