さっぽろ雪まつり2019の雪像解体が中止に!?理由をチェック!

こんばんは、るーしーです^^

定期的に今、歯医者に通っているのですが、歯医者ってなんで入るのが嫌だなと思うんでしょうかね・・・。
治療をする訳でなくてもあの音や匂いが歯医者!って感じで嫌だな・・・と毎回行く前に憂鬱になっています・・・。

 

さて、毎年行われるさっぽろ雪まつりですが、密かな楽しみとなっているのが、 さっぽろ雪まつりが終了した次の日に行われる雪像の解体作業となっています!
なんと、解体を見るためのツアーが存在するくらい人気のイベントとなっていました。

しかし、本日のニュースで 雪像解体の見学エリアを今年は設けないということが書かれていたので、詳しく調べてみました!

 

さっぽろ雪まつり2019雪像解体見学が中止に!

毎年、重機で雪像が破壊される様子が迫力があるということで人気の雪像解体でした。

今年は終了後の雪像解体を間近で見学できるエリアを設けないということが決定したそうです。
理由としては雪像で作成されたキャラクターや建造物が崩れて行くため、イメージの悪化を懸念するスポンサーからの賛同を得ることが出来なかったようです。

 

確かに、崩れていく様子はイメージ的には悪いかもしれないですね・・・
芸能人とかの雪像も多いので、それが破壊されていく様子をファンはあまり見たくないものではないでしょうか?
ですが、何で出来た雪像かということよりも普段なかなか間近で見ることが出来ない重機を使って・・・というところに人気があるような気もするので、難しい問題ですよね。

大きなイベントを行うときに大切なスポンサーの気分を害さないための大事な判断なのかと思いました。

 

ですが、実は見学ができるエリアが設けられたのは去年2018年からなんです!
ということで 見学エリアがなくても雪像が壊される様子を見ることは可能なようです♪

 

さっぽろ雪まつり2019の雪像解体時間

毎年、さっぽろ雪まつりが終了した翌日には解体されます。
今年ですと、最終日が2月11日(月・祝)ですので、 翌日の2月12日(火)の朝7時ごろから始まると予想します。
毎年、午前中にはほとんど終わっているようですので、見たい方は早めに行った方が確実に見ることができるかと思います。

 

さっぽろ雪まつり2019の雪像解体場所

去年は雪像の正面に設けられた見学エリアでしたが、今年は設けられませんので、 大通公園脇の歩行者用の側道から見ることとなります。

また、重機を使って解体するため、立入禁止エリアには絶対に入らないようしましょう。思わぬ事故に巻き込まれる可能性があります。

 

毎年、直前に告知があったり、現地で説明があったりするそうですので、追加の情報がありましたら、追記していきたいと思います。

 

服装について

朝なので、夜ほどではありませんが冷え込みます。
また、さっぽろ雪まつりのように会場を歩き回って雪像を見る訳ではなく、雪像の解体作業をその場でずっと見ているため、とても寒いです。

やりすぎかな?と思うくらいしっかり防寒して見学に行くようにしましょう!
水筒の中に暖かい飲み物などを入れて持って行くのもオススメです。
(飲み過ぎたらトイレに行きたくなりますのでほどほどに・・・)

 

まとめ

雪像の解体エリアが設けられなかったのはスポンサーの賛同が得られないということからでした。

ですが、側道から見ることは可能なので、禁止区域に入らずルールを守って楽しみましょう!

 

日程が合いましたら、ぜひ圧巻の雪像解体ショーを見に行かれて見てください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA