サンマリノ共和国ってどんな国?THE ALFEEの高見沢さんが騎士の称号?

THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦さんが『サンマリノ共和国』から「騎士の称号」授与されたというニュースが入ってきました。

「騎士の称号」やサンマリノ共和国と聞きなれない言葉ばかりでわからないという方も多いのではないでしょうか?
詳しくまとめていきたいと思います!

高見沢俊彦さんが授与された「騎士の称号」とは?

サンマリノ共和国の「騎士の称号」はサンマリノ共和国に協力した人や、人道・科学・芸術文化の分野で広く貢献した人に贈られる「聖アガタ騎士団のナイトの勲章」。今回、高見沢俊彦さんは5段階の中から「Cavaliere ufficiale」という称号が与えられた。

高見沢さんはマンリオ・カデロ大使の「だから日本は世界から尊敬される」という本を読み興味を持ち、昨年訪問。アドリア海を見れると期待していたが、「大雪で何も見えなかった」そう。ですが、積極的に魅力を紹介する活動を行ってきたことが評価された。

サンマリノ共和国では今年から2ヶ所のブドウ畑を「Vigna Takamiy(タカミー・ブドウ畑)」とし、高見沢さんに提供。高見沢さんは将来的に日本で発売するつもりで「赤も白も作ります。」とコメント。

 

サンマリノ共和国とは?

サンマリノ共和国って聞いたことある人は少ないのではないでしょうか?
世界で5番目に小さい独立国であり、イタリア半島の中等部に位置します。
(ちなみに小さい国の順番に並べるとバチカン、モナコ、ナウル、ツバル、サンマリノという順番になります。)
そして、1,700年以上も歴史ある国なのに戦争を一度もしたことがないという平和な国です。

また、最古の君主が存在しない共和国です。

簡単なサンマリノ共和国についてはこちら!

■サンマリノ共和国
首都:サンマリノ市
公用語:イタリア語
面積:61.2km2
人口:33,285人(2016年)

なんと、年間に300万人以上の外国人が訪れる観光国家です。1日あたり8,000人も訪れている計算になります。
こんな、小さい国なのにすごい割合ですよね。
小さい国であり、平和な国であることに興味を持ち訪れる観光客が非常に多いようです。

 

まとめ

実は数年前に行ったことがあるサンマリノ共和国。
とても小さく、イタリアから日帰りで行ったのですが、ワインも美味しい国だったそうなので、飲まなかったことを後悔しました・・・。

あまり、知られている国ではありませんが、街並みが綺麗だったり素敵な国ですので、機会がありましたら、ぜひ行かれて見てください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA