映画『MOTHERマザー』は実話?!原作との違いもチェック!

長澤まさみさんが初めての汚れ役として話題の『MOTHER』。

長澤まさみさんの体当たりの演技や息子役の奥平大兼さんの初演技などに期待の映画です。

 

ポスターに並ぶ「すべてを狂わせた彼の母親は、怪物(モンスター)?それとも聖母(マリア)?だったか」と言う文章が印象的な映画。

衝撃的な内容ですが、こちらの映画は実話の事件を元に作られたと言われています!

 

そこで、今回は『MOTHER』の原作本との違いなどについてまとめていきたいと思います!

『MOTHER』の原作本は?

 

2014年に埼玉県川口市で17歳の少年が起こした事件を元に作られたと言われている『MOTHER』

毎日新聞記者の山寺香さんが少年に取材した内容をまとめた原作本が『誰もボクを見ていない』です。

 

 

映画での主役は母親ですが、原作本では母親の息子へのインタビューを元に作られています。

 

『誰もボクを見ていない』内容

母親が離婚後ホスト通いにハマり、10歳の頃から小学校もまともに通わせてもらえなかった少年・優希。

お金がないために、公園や路上生活をしたり、実母と義父両方からに身体的・性的暴力を振るわれたりと壮絶な幼少期を過ごしました。

なんと、女の子が欲しいと野宿生活の中で妹が誕生。

優希は牛乳を盗みながらも妹を育てます。

妹だけは守りたいと精一杯庇って生活していた優希。

少年も義父も生活のために働きますが、母親が勝手にパチンコやゲームセンターで浪費してしまいます。

そんな母親に嫌気がさした義父までもが蒸発してしまいます・・・。

そして、母親に「祖父母から金を持ってこい」と言われ、優希は事件を起こします。

 

少年が起こした罪は本当に重い。でも、周りの救いの手がなぜ、少年まで届かなかったのか・・・と考えさせられる内容です。

 

『MOTHER』と原作本との違いは?

 

「『MOTHER』は実話をベースに描く感動の衝撃作」と言われています。

 

まだ、映画の内容は公開されていないため、詳しい内容はわかりません・・・。

 

『MOTHER』あらすじ

男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた女・秋子。

シングルマザーである彼女は、息子の周平に奇妙な執着を見せる。

周平に忠実であることを強いる秋子。

そんな母からの歪んだ愛の形しか知らず、それに翻弄されながらも、応えようとする周平。

周平の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。

やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた”絆”。

 

何が少年を追い込んだのか?事件の真相に迫るとき、少年の”告白”に涙する。

 

引用

 

 

母親・秋子が長澤まさみさん、息子・周平が奥平大兼さん、内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲさんが演じる以外の情報がないため、全くストーリーがわかりません・・・。

わかり次第、追記していきます!

 

 

ドラマ『Mother』と映画『MOTHER』の違いは?

 

ドラマ『Mother』は2010年に放送され、完全オリジナルストーリーで書かれたものです。

虐待を受ける小学生の女の子を助けるために担任の先生が女の子を誘拐するストーリーで、女性の「母性」をテーマにした作品です。

 

映画『MOTHER』は虐待する母親が主役ですが、ドラマ『Mother』は学校の先生と虐待される女の子が主役です。

 

  • 自分優先の母親
  • 内縁の夫がいる
  • 虐待される子供

 

がドラマ『Mother』と映画『MOTHER』の共通点で、重い雰囲気が似ていますが、全然違う作品です。

 

ドラマ『Mother』はU-NEXTで視聴することができます!

 

U-NEXTは

・雑誌読み放題
・無料お試し期間が31日間!
・動画14万本以上が見放題!
・無料体験中も600ポイント貰える!

というところが非常にオススメなサービスです!
ポイントを利用して、新作をレンタルすることが出来るのも嬉しい♪

 

\今なら31日間無料!

U-NEXTの無料登録はこちら!

※無料期間中に解約するとお金はかかりません!

 

たま

当時5歳だった芦田愛菜ちゃんの演技がすごい!
本当にリアルな演技で目が離せなくなる!

ぽち

 

 

\息子役の奥平大兼さんについてはこちら/

奥平大兼(MOTHER息子役)の高校はどこ?身長やプロフィールもチェック!

まとめ

 

今回は『MOTHER』の原作本との違いなどについてまとめました。

どのような映画はどのように撮影されているのか・・・。

また、詳しいことがわかり次第、追記していきます!

 

したっけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA