みずほ銀行の通帳有料化はいつから?条件が気になる!

なんとみずほ銀行で通帳を発行する際に手数料が1,100円かかるようになります。

 

大手の銀行で通帳発行手数料が導入するのは初めてのことであり、注目を集めています。

これを機に紙からデジタルへの移行を促し、業務の効率化が狙いとなっています。

 

今回はみずほ銀行の通帳発行手数料の

・有料はいつから?
・条件は?

についてまとめていきたいと思います!

みずほ銀行の通帳発行手数料の有料化はいつから?

 

みずほ銀行の通帳発行手数料の有料化は

2021年1月

から開始されます!

 

 

今年はまだ、手数料はかからないので、口座を作ろうと考えている方はお早めに!

 

 

私はネット銀行で通帳がないものも、通帳のある大手銀行のものも使用しているのですが、どちらも便利なんですよねー

どちらも違った良さがあって。

 

やはり、通帳に記帳している方が、実感があって嬉しかったり。

慣れないといけない気もしますが、慣れるまで難しいですよね・・・。

 

 

やはり、賛否両論あります。

今後、他の銀行もどんどん通帳発行が有料化していきそうですね。

 

みずほ銀行の通帳発行手数料の条件は?

 

全員が通帳発行手数料が有料になるわけではありません。

ここが本当にややこしいところですよね・・・。

 

新規顧客(70歳未満) 1冊あたり1,100円
新規顧客(70歳以上) 無料
既存顧客 無料

 

新規の口座開設時だけではなく、その後も通帳を繰り越して追加の発行を受けるときも同額の手数料がかかります。

 

が、すでに口座をもっている方は有料化の対象外で、今後も繰り越し時には無料で通帳を受け取れます!

また、毎年1月末時点で1年以上記帳がない通帳は、自動的にデジタルに移行されますが、その後も紙の通帳を希望する場合は無料で提供されます。

 

 

70歳以上の新規の口座開設する方はいつでも、どんなタイミングでも手数料はかからず無料で手帳を受け取ることができます!

 

有料化の条件
2021年1月以降に新しく口座を作る70歳未満の方!

 

まとめ

 

今回はみずほ銀行の通帳発行手数料についてまとめていきました!

・有料は2021年1月から
・有料の対象者は2021年1月以降に新しく口座を作る70歳未満の方

 

今だとまだ、無料で通帳を作ることができるので、まだ、みずほ銀行の口座を持っていない方はお早めに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA