真栄田悠吾くんが通っている小学校はどこ?両親はどんな人?

なんとIQが全人口の上位2%しか入会することができないという国際団体メンサ(MENSA)に7歳で入会した少年がいます!

 

高学歴芸人のロザンの宇治原さんや脳科学者の茂木健一郎さんが入会しているというメンサ。
そんなメンサに入会してしまった小学生の子ってどんな子なのか気になりませんか?

 

今回はそんな 超優秀な少年、真栄田悠吾くんが通う小学校や両親はどんな方なのかなどの謎に迫って行きたいと思います!

真栄田悠吾くんの通っている小学校は?

 

IQ153もある天才少年が通う小学校はどんなところなのか気になりますよね?
探してみたのですが、現在はアメリカに在住であるため、情報を見つけることができませんでした。

 

父親の仕事の転勤で2018年5月にアメリカに移住して、まだ1年経っていませんが、なんと 現在の英語力は英文の小説が読めるレベルだそうです。

 

日本の7歳の子供だと日本語の小説も読める子供も少ないのではないでしょうか?
本当に天才な子は頭の作りからして違うのだなと改めて感じました・・・。

 

 

真栄田悠吾くんの両親はどんな人?

 

子供がこんなに優秀ということは両親はどんな人なのか気になりますよね?

真栄田悠吾くんの両親はともに沖縄県の昭和薬科大学付属高校の出身です。
この高校は中高一貫校の私立高校であり、沖縄県ではトップ3に入る優秀な高校のようです。

卒業生の主な進路は医療系の大学を目指す人が多いようでした。

 

父親の翔さんは航空会社に務めているようです。
JALではないか?という話が出ていました。

また、大学は九州大学工学部ということで大変優秀だったことがわかります。

 

現在は仕事でアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに転勤されるような方ですので、非常に仕事ができる方ということがわかります。

 

母親の沙矢子さんについての詳細がわかるものは残念ながら見つけることができませんでしたが、優秀な高校出身ですので、優秀な大学に通われていたのではないでしょうか?

 

真栄田悠吾くんの教育方針は?

 

真栄田悠吾くんは一人っ子であり、人と比べることをしていなかったそうで、周囲に言われて初めてすごい子ということを知ったようです。

 

真栄田悠吾くんの凄すぎる経歴をまとめると

 

1歳半でスラスラと喋るようになる
4歳で宇宙の構造に関する本を読む
7歳で一次関数が解けるようになる

現在は科学分野に興味があり人口元素の作り方を学んでいる

 

なんか、教育なんて関係ないのですね・・・。
1歳半でスラスラ話せるようになるって本当にすごい!

こんなすごいことをしていても自分の子供だと気付かないものなのでしょうか?

でも、逆にプレッシャーを与えないのびのびした環境で育てたということも大きな要因なのかもしれませんね。

 

 

真栄田悠吾くんの将来の夢は?

 

現在は科学分野に興味があり、人口元素の作り方を勉強している真栄田悠吾くん。
また、1日3時間ものバイオリンの練習にも励んでいるようです。

将来の夢は『米航空宇宙局(NASA)で科学者として働き、バイオリニストになること』です。

 

7歳の段階で明確な夢があり、さらにその夢に直結するような努力をしっかりとしているということに、私も見習わないと・・・と感じました。

天才な人は持って生まれたものも確かにありますが、人以上の努力もちゃんとしているというところが本当にすごく、大人として恥ずかしいなと思いました。

 

NASAで科学者をしてバイオリニストという素敵な夢に向かって頑張ってほしいと思います!

 

まとめ

 

今回はIQ153で、メンサという天才が集まる団体に7才で入会したという天才少年真栄田悠吾くんについてまとめました。

夢を叶えるための努力の大切さを改めて教えてもらった気がします♪

将来、どんな大人になるのか今から本当に楽しみです!

 

したっけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA