参議院選挙2019(青森県地区)の当選者の予想と結果は?立候補者についても!

2019年7月21日に行われる参議院議員選挙。
連日のようにニュースや新聞で報道されていますね。

今回は夫婦別姓についてや同性婚などについても議論されており、ちょっと歴史が変わりそうな予感がしています。

 

さて、青森県では3名の方が立候補しており、当選するのは1名となっています。
今回は青森県地区の当選者の予想と結果、候補者についてまとめていきます。

参議院選挙2019(青森県地区)の当選者を予想!

 

青森県の候補者をまとめると

 

小山日奈子(NHKから国民を守る党)
滝沢求(自由民主党)
小田切達(立憲民主党)

 

の3名となっています。

3名の立候補者というのは過去最低のようですが、2016年など過去に6回も3名しか立候補しないことがあったようです。

 

 

 

 

 

やはり、現職であり自民党の滝沢求さんが優勢のようです。

立憲民主党の小田切達さんも競っているようですので、今まで投票をしていなかった層や無党派の方がどこに投票するかが鍵となりそうです。

 

当選はやはり、 現職である自民党の滝沢求さんと予想します。

 

参議院選挙2019(青森県地区)の当選者は?

 

投票の 結果は予想通り、自民党の滝沢求さんが当選しました。
が、約3万票差と結構競っていたことがわかります。

 

当選 滝沢求 自民党 239,757票(51.5%)
小田切達 立憲民主党 206,582票(44.4%)
小山日奈子 N党 19,310票(4.1%)

 

 

参議院選挙2019(青森県地区)の立候補者まとめ!

 

立候補者3名についての詳細をまとめていきます。

 

 

小山日奈子さん(NHKから国民を守る党)の経歴や家族は?

 

 

なかなかインパクトがある服装をしてますよね。
調べてみるとピンク色の服を着ているものばかりで、勝負服なのでしょうか・・・?

 

1965年12月3日に生まれ、現在53歳の小山日奈子さん。

戸坂女子短大を卒業し、衆議院秘書や保険会社員などの経歴があります

 

家族についてなど調べたのですが、やはりあまり情報がありませんでした。

 

 

 

滝沢求さん(自由民主党)の経歴や家族は?

 

 

1958年10月11日に青森県八戸市に生まれ、現在60歳の滝沢求(たきさわ もとめ)さん。

中央大学法学部を卒業後、衆議院議員私設秘書や青森県ギリム、自民党青森県連副会長などと務め、2013年に参議院議員に初当選しています。
2016年8月には外務大臣政務官に就任していました。

 

 

1人娘がいらっしゃり、2018年6月まで劇団四季の団員として活躍をしていたそうですが、結婚を機に退団しています。

現在は指導者として活動されているそうです。

 

劇団四季ということで情報がありそうだと思い調べてみたのですが、わかりませんでした。

 

 

小田切達さん(立憲民主党)の経歴や家族は?

 


1957年10月30日に青森県弘前市に生まれ、現在61歳の小田切達(おだぎり さとる)さん。

 

北海道大学法学部を卒業し、約30年間、消費者問題や労働問題など幅広い分野の事件に取り組んでいた。

できることに限界を感じたことから政治家を志したようです。

 

結婚はされているようですが、お子さんがいるかなどの詳細などはわかりませんでした。

 

北海道大学出身ということで勝手に親近感が湧きました。

 

 

まとめ

 

あと3日後に迫った参議院議員通常選挙。
1票の差が大きな差を生むこともある選挙。

選挙権のある方は是非、投票をしにいきましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA